Kindle Voyage到着。


-スポンサーリンク-

昨日がKindle Voyageの発売日だが、田舎はプライム会員でも1日遅れて届いた。
私は「Wi-Fi + 無料3G、キャンペーン情報なし」のモデル。

 

f:id:PonPoko:20141105170611j:plain

 

Amazonフラストレーションフリー・パッケージで販売、発送します」とサイトには書いていたが、通常通りのAmazonの段ボール箱だったので別の商品が届いたのかと思ってしまった。以前、Kindle Paperwhite 2012年モデルが届いたときはAmazonの伝票を貼り付けただけだったと記憶している。

 

段ボール箱を開けると、Kindle Voyageのパッケージが思っていたより小さかった。パッケージを開けるとそのKindle Voyageも小さく、手に取ると軽かった。Paperwhiteが215g(Wi-Fi+無料3Gの場合)でVoyageは188g だから持った感覚も当然。

電源スイッチを押してディスプレイを見ると、解像度が300ppiだから2012年モデルよりも明るく白く文字も綺麗になっている。

 

2013年のPaperwhiteには触れたことはないが、画面のタッチの反応は2012年モデルと比べれば速い。「明るさを自動調整」は間違いなく便利で、周囲の環境に合わせて調節してくれる。また、「ナイトライト」という機能が設定にあり、説明によれば暗い部屋で周囲の暗さに慣れるのに合わせて画面を少しずつ暗くする。この機能を利用するには明るさの自動調整をオンにする必要があるそうだ。

 



ベゼルの両脇のセンサーボタンはタッチしてページおくりをするものではなく、押すような感覚で操作となる。強弱は設定で変えられるようになっており、振動もオフ、弱、中、強と変えられる。


最後に、撮影が雑でピントが合ってないと思うがPaperwhite 2012とVoyageを接写してみた。


左がPaperwhite 2012で、右がVoyageとなっている。

f:id:PonPoko:20141105193825p:plain

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

 

 

Kindle Voyage Wi-Fi + 3G、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Voyage Wi-Fi + 3G、キャンペーン情報つきモデル