読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS Xのクリーンインストールもフォーマットも出来ない場合のメモ。


-スポンサーリンク-

OS X Yosemiteのクリーンインストールが出来ない。ディスクユーティリティで「Macintosh HD」がフォーマットできない。消去もできない。インストールしようにもディスクも選択できず、真っ白。だが、ディスクユーティリティではドライブがきちんと存在する。たぶん、フォーマット方法を間違えたのだろう。

 

サポートページを参考にして対処してみた。

多少、慌てながらメモったり、人から見れば手順などいろいろ間違いがあると思うので責任は負えない。

1. 起動ディスク作成のためUSBメモリーカードを用意する(容量は16GBのものを使用した。USB 2.0の場合はアクセスが遅くてイライラすると思う)。


 

 

2.とりあえず電源スボタンを押してオフにする。

 

3.電源ボタンをオンにし、ジャーンと鳴ったら「command + R」をAppleロゴが表示されるまで押し続ける。

4.ディスクユーティリティで、USBメモリーカードをフォーマット。

 

5.USBメモリーカードにOS Xをインストールし、起動ディスクを作成。

 

6.完了したらシステム終了し、USBメモリーカードを差したまま電源ボタンをオン。

 

7.ジャーンと鳴ったら「command + R」をAppleロゴが表示されるまで押し続ける。

 

8.起動ディスクからOS Xが起ちあがるので、ターミナルを起動。

 

9.「diskutil list」と打ってリターンキーを押す。

 

10.問題のあるドライブから、ディスクの識別子(IDENTIFIER)を確認。

 

11.「diskutil partitiondisk [確認した(IDENTIFIER)] JHFS+ newdisk 100%」と打ってリターンキーを押すとフォーマット。

 

12.フォーマットが完了したらディスクを念のため消去し、ディスクの名称が「newdisk」となってたら「Macintosh HD」と個人の好みや必要に応じて変更。

 

13.USBメモリーカードは差したままでシステム終了して、電源オン。

 

14.ジャーンと鳴ったら「command + R」をAppleロゴが表示されるまで押し続ける。

15.インストールするディスクが存在すれば成功。その後は通常通り指示に従ってインストール。